マジカルエアープラスAC用サンシェード Manito Newサンシェードを購入。

マジカルエアープラス用に購入したサンシェード(日よけ・ひさし)のレビューです。写真付きでご紹介します!

スポンサーリンク

何故サンシェードが別途必要?

以前、マジカルエアープラスの日よけが残念すぎる…と別記事にて書きましたが、
本当、マジカルエアープラスのひさしはおまけ程度で、日よけの役割を果たしてはくれません。バギーだからか、軽さを最重視した結果なのか、何か構造上の問題なのかはわかりませんが、折り畳みが出来る形のひさしは最大限まで伸ばしても、なかなか影を作る事が難しいです。

日中、太陽が本当に脳天に上がっている時だけですね。

少しでも角度が出来ると、ひさしが小さい為、日光が防げず、赤ちゃんの顔直撃になります。傾斜をつけると尚荒、また、特に小さな子だと座高が低いので、顔に直撃となりやすいです。

春夏以外の使用限定、屋内使用限定、超短時間使用限定でない限り、別途サンシェードは必要になると思います。

マジカルエアー、軽くて、お手軽価格で、オシャレでいいんですが、本当にこのひさしだけが残念です!

サンシェードの購入。

Manitoベビーカーカバー

Manito Newサンシェード

Manito Newサンシェード
(ベビーカー・チャイルドシート兼用)です!

マジカルエアープラス専用の純正サンシェードが普通に販売されているものと思っていたのですが、ないのですよね、実は(;´∀`)

通販サイトのおすすめ商品の欄を見るからに、マジカルエアープラスを購入時に一緒に、他メーカーのサンシェードを買ってる人が多そうです。
みんな考える事は一緒ですな(笑)
人気あるのが、大型サンシェイド レイフリー(ブラック)のようですね~。

スマートスタート 大型サンシェイド レイフリー ブラック UVカット99%

新品価格
¥2,436から
(2018/4/18 12:06時点)

【今ならポイントアップ ~4/20 23:59まで】【送料無料メール便代引不可】 ベビーカー用日差し対策 レイフリー

価格:2,480円
(2018/4/18 12:04時点)
感想(284件)


私もレイフリーを購入しようと思ったのですが、うちのマジカルエアープラスACがトリコロールネイビーなので、出来れば同じネイビーがいいな~…なんて、カラーで躊躇してしまいました。
レイフリーは基本ブラックのみ。
トイザラス限定でネイビーがあるようですがね…

(※2017年は確かに通販等で販売していましたが、残念ながら2018年は販売していないようです。)

黒以外にないだろうかと思ったのです。
やっぱりいかにもひさしだけとってつけたような感じなのは避けたいな~と。
出来れば、純正みたいな一体型に見えるものがいいな!と。
Manito Newサンシェードはカラーは13種類もあるんですが、
ネイビーがあったので決めました♪
柄物もあったりして、ベビーカーのカスタマイズが出来そうで面白そうです(*´▽`*)

サンシェードの使い方。

実際に私が買った「Manito Newサンシェード」の使い方をご紹介します。

Manito Newサンシェード

Manito Newサンシェード

広げた感じです。
傘みたいな細かい骨はなくて、淵にぐるっとワイヤーが入ってるみたいです。
傘みたいな材質ですね~非常に軽いです。

Manito Newサンシェード

Manito Newサンシェード

付属の袋はこれです。
骨であるワイヤーを丸くまとめれば、小さくなるので、
こんな巾着袋みたいなものに入っちゃいます。
不要時はこの袋に入れて、マジカルエアープラスのかごにでも入れておけばいいです!
このManito Newサンシェードを早速マジカルエアープラスに装着してみました。

サンシェード、第一形態。

これが第一形態!!!
・・・マジカルエアープラスのサンシェードにすっぽり被せた形です。
日よけ効果が一番低い感じの付け方です。
もちろん、マジカルエアープラスのサンシェードよりも全然長いです。

Manito Newサンシェード

Manito Newサンシェード

サンシェード、第二形態。

第二形態!!
・・・マジカルエアープラスのサンシェードの真ん中あたりで留めた形です。
だいぶ深い庇になりました(*´▽`*)

Manito Newサンシェード

Manito Newサンシェード

サンシェード、第三形態。

更に第三形態!!
・・・マジカルエアープラスのサンシェードの淵限界ギリギリで留めた形です。
これはすっぽり子供が隠れそうです!

Manito Newサンシェード

Manito Newサンシェード

付け方はとっても簡単で、
マジカルエアープラスのサンシェードに被せたら、
サイドにあるゴム帯をひっぱって、本体の背面でカチャっと留めます。

Manito Newサンシェード

Manito Newサンシェード

Manito Newサンシェードのメッシュ部分に、フック付の留め紐があるので、
それをマジカルエアープラス本体に引っ掛けて留めます。
ここに着けるのが正解!っていうのが分からないのですが、
Manito Newサンシェードに皺が寄らないように引っ張りながら調整して、
適当に本体のサイドバーみたいな部分に引っ掛ける事で固定できました。

Manito Newサンシェード

Manito Newサンシェード

サイドのメッシュ部分は、通気性よさそうで、
暑い日も良さそうです(*´▽`*)

Manito Newサンシェード

Manito Newサンシェード

シンプルなデザインですが、淵にメーカーロゴのタグがついてます。
まぁ全然目立たないのでいいです。

Manito Newサンシェード

Manito Newサンシェード

背面から見た感じです。
Manito Newサンシェードを付けても、
全体のフォルムに影響はあまりない感じです。
サイズ的にはピッタリ。

つなぎ目みたいなのが出来てしまうくらいですかね。このサンシェードももう少し長さがあtったら良いんですが。(レイフリーの方が多少長いようですが、調べた限りこのタイプのものでこれ十分な長さがあるものはないようです。全体を覆うカバータイプになってしまうようです。)

サンシェードをつけた状態の見た目。

Manito Newサンシェード

Manito Newサンシェード

これは第二形態くらいの深さにした状態の正面図です。
見た感じ、そんなに違和感もないかと。

Manito Newサンシェード

Manito Newサンシェード

全体像としてはこんな感じです。
これは第一形態ですが。
第三形態にしてもどうしても子供の足先はシェードから出てしまうのですが、
それ以外はカバーできます。
(というかそもそも足先までカバーできるシェードが存在するのかどうか謎ですが…)
全体のイメージとしては・・・違和感ないですよね!?
色合いも、近くでよく見るとManito Newサンシェードの方が白っぽいネイビーで、
マジカルエアープラスと違う生地である事は分かってしまうんですが、
よく見ない限りは、別物と思えません!
かなり馴染んでて、いい感じです♪(*´▽`*)

マジカルエアーを折り畳んだ状態。

Manito Newサンシェード

Manito Newサンシェード

そして、これがManito Newサンシェードを第二形態のまま付けた状態で、
折りたたんだ写真です。
つけたまま畳めるんです!!!ワイヤーが折れたりはしません。
でも、見た目はこの通り変です(笑)

Manito Newサンシェード

Manito Newサンシェード

本体を折りたたむことで、このようにManito Newサンシェードも潰れて、
横に広がってしまいます。ちょっと邪魔かな。。。
折りたたむならいっそのこと、一度外してしまった方がいいと思います。

まとめ。

私は買って良かったと思っています!!!!
マジカルエアープラスの純正部品みたいに馴染んでて嬉しいです( *´艸`)

サンシェードを購入するまでは、日差しが強すぎる日はマジカルエアープラスの使用を避けたり、息子の顔に日焼け止めをたっぷり塗って更に帽子を被らせて乗せたり(でも帽子嫌がるんですよね…)で大変でしたが、購入してからは、気軽に日差しの強い日もお出掛けが出来るようになって、助かっています。

ショッピングセンターへのお出掛けの時や曇りの日は外していますが、それ以外は、夏場は基本的につけっぱなし。

足だけはどうしても出てしまうので、靴下を履かせるか、ひざ掛けした方がいいかと思います。

マニト 12カラー ベビーカー・チャイルドシート兼用 サンシェード (ネイビー)

新品価格
¥2,160から
(2017/12/1 16:50時点)

【今ならポイントアップ ~4/20 23:59まで】【送料無料メール便代引不可】 ベビーカー用日差し対策 レイフリー

価格:2,480円
(2018/4/18 12:04時点)
感想(284件)