電動バウンサーmamaRoo(ママルー) – 4momsはママの救世主!寝かし付けに大活躍。

赤ちゃんの月齢が低い間は、寝かしつけが本当に大変で、
ママにとっては一日の締めくくりの大仕事かと思います。
うちの息子も、生後7ヶ月くらいまでは、抱っこでユラユラしてやらないと寝てくれなくて、
それが日によって、10分くらいですぐ寝付く時もあれば、1~3時間かかる時もあり、
寝付き悪い夜は本当に苦労しました(;´∀`)

でも、私の場合、電動バウンサーがあったので、結構楽だったと思います(*´ω`*)
特にリクエストしたわけでもなんでもないんですが、
出産祝いに電動バウンサーmamaRoo(ママルー) – 4momsを頂きまして、
生後2ヶ月頃から使っていました(*´▽`*)
将に写真は、息子2ヶ月ちょっとの頃です。体重5.7kg、身長55cmくらいです。

電動バウンサーmamaRoo(ママルー)

電動バウンサーmamaRoo(ママルー)

手動で上下に揺らすバウンサーは知っていたのですが、
このmamaRoo(ママルー)の存在は知らず、
届いた時は衝撃的でした(;´∀`)
まず、そのデザイン!
なんとも近未来的なデザインの本体で、我が家の中で浮いていました(笑)
凄いスタイリッシュで素敵です♪
部屋の中にあるだけで、なんともリッチな気分になります(笑)
意外とコンパクトで6畳しかない子供部屋の片隅に置いても、威圧感はなかったです。
シートはデザイン違いで何種類かあるようですが、うちはマルチカラーのタイプで、
なんともカラフルで可愛らしかったです♪
ちょっと育児のテンションあがっちゃうバウンサーですね~(*´▽`*)

揺れ方は5種類もあって、何やら、パパママの実際のあやし方を動きに取り入れているらしく、電動とはいえ、いい動きをしてくれます。
更にそれぞれの揺れ方のスピードも変えられます。
ずっと使っていると、段々、息子がよく寝るパターンというのが分かってきました。
愚図っている時にmamaRoo(ママルー)に乗せる場合は、とりあえず、高速で揺らして、落ち着いてきたら、速度をゆっくりにしてあげたりなんかして…
あと、寝かし付け以外にも、ちょっと目を離したい!という時に、ベルトしておもちゃでも持たせて揺らしておくと、大人しくしててくれるので、助かりました(*´▽`*)

電動バウンサーmamaRoo(ママルー)

電動バウンサーmamaRoo(ママルー)

新生児から腰がすわるまで(耐荷重12kg)使えるという事ですが、体重云々よりも、寝返り始めたら卒業って感じでしたね。
ベルトしていても、結構な力で寝返ろうと頑張っちゃうので、mamaRoo(ママルー)がガタガタいってました(;´∀`)
それでもちゃんと動いていたので、頑丈ですが(笑)
本当、ねんね期中期までかなというのが実感です。
通販だと税込で46,440 円くらいみたいですね…うーん結構思い切らないといけないお値段(;´∀`)
うちはたまたま頂いたので良かったですが、早くのmamaRoo(ママルー)の存在を知っていたとして、買っていたかどうか…
誰かの家などで実際試してみたりすれば、良さはすぐわかるので、買うのでしょうけど、実物見て見ないとなかなかすぐに即決できないかもしれません。
お値段高めですし、使用期間も本当半年足らずなんですが、私はオススメです!
慣れない育児に疲労困憊したり、イライラするくらいなら、mamaRoo(ママルー)を買って、疲れない育児をした方が健全かな~なんて思います。
こんないい時代ですからね、そんな何十万もするわけでなければ、買える範囲で使えるものは使っていきたいものです。

4moms mamaRoo ママルー 3.0 プラッシュ デザイナー 【日本正規輸入元商品】

新品価格
¥46,440から
(2017/7/13 09:59時点)