ワンオペ育児の実情~上京組はそうなる運命?~

ワンオペ育児な我が家の実情は、ありがちな「核家族」であるからです。
頼りの主人が多忙となると、孤独な育児になりがちです(;´∀`)

  • 実家、義実家が遠方。
  • 兄弟、親戚が近くにいない。
  • 友達がいない。
  • ご近所付き合いが少ない。
  • 地域情報に疎い。
  • 夫も私も進学を機に、地方から上京してきた身です。(地元はそれぞれ別ですが・・・)
    田舎なので、「都会に憧れて~」「やりたい仕事がない~(やりたくない仕事もない?)」、若者誰しもが思う事と同じ事を思って上京したかと思います。
    若さゆえでしょうか、とりあえず夢や仕事の実現が第一目標で、その先の事ってそれ程考えてない若者は多いと思います。
    少なくとも、私は全く考えておりませんでした・・・(;´∀`)

    子持ちになってから「実家の近くだったら良かったのに・・・」「独身時代にもっと友人を作っておけばよかった・・・」と思う事が多いです。
    結婚・出産を見据えて、居住地や職場を選ぶというのは大事な事なのですね・・・

    田舎だと高校卒業後に「上京組(東京とは限りませんが・・・)」と「残留組(言葉悪いですが・・・)」に分かれるかと思います。
    私の周り限定の話になりますが、上京組は30代まだまだ独身が多いです。残留組はほぼ既婚で子供2~3人なんてざらです。
    そういう私も、専門職だったというのもあり、30過ぎまで仕事に燃えてしまい、危うく婚期を逃すところでしたが(;´∀`)
    残留組ママは、すっかりママコミュニティを確立しており、SNS上でも複数名とやりとりしている様子がわかって、楽しそうです。ママ友も、幼馴染や同級生たちだったりして凄く楽しそう!!おまけに、「ばあばに預けて、〇〇へ!」等々、実家へも頻繁に行き来しているみたいです。自分が結婚前は、そんな日常の投稿を目にしても、特に気にも留めなかったのですが、最近は「いいな~いいな~」と思わずにはいられません。
    実家付近、もしくは同居でなくても義実家付近に住んでいたら、どれ程、心強いか。
    家がそれほど近くなくても、母や義母が定期的に来てくれる距離であったら・・・。

    今更な話で、自分が親元を離れ、遠い土地で結婚した時点で、ワンオペ育児は目に見えていたのです。
    気づいて、実感したのは、お恥ずかしながらつい最近なのですが(笑)

    学生時代の状況組仲間とは今も親交があり、「友達がいない」と一言で言ってしまうのは語弊がありますが、やはり結婚を機に東京から去ってしまった友達が意外と多く、今となっては、すぐに会いに行ける友人がいません。いつか、ママ友として付き合っていくのだろうな~と淡い期待をしていた時期も多少ありましたが、時間の経過と共に打ち砕かれ(´;ω;`)
    気づけばほぼ居ない状況に・・・。バリバリキャリア積み続けている女子達がおりますが、以前のようにお酒の付き合いは出来ませんし、疎遠になるばかりです。

    「たまたまそういう状況」なのでしょうけど、毎日、一人で家に居ると、心細くなったりもします。特に、子供の月齢が低い頃は、愚図ってるのをあやし続けていると孤独感を抱かずにはいられませんでした。「誰かと話がしたい」とただそう思う事もしばしば・・・(;´∀`)耐えかねて、仕事中の主人にメールしてみたり。もちろん、返事を求めているわけではないのですが、孤独の檻から手を伸ばすかのように、外との関りをすぐに持ちたくて。
    2~3ヶ月に1度くらいですが、友人が息子を見に遊びに来てくれる事があります。
    盆正月くらいは実家・義実家へ帰省していますし、月1で実家の母に長電話もしています。
    全く孤独な状態が何年も続いているわけではないのに、孤独感が付きまといます。
    働いている頃の時間の流れ方と、家で育児している今の時間の流れは、だいぶ違うように思います。
    速さの感覚でいうと、今の方が断然速く感じているのですが、波がなく一本調子です。もちろん息子の日々の成長はありますから、私個人だけを見た場合の調子です。

    なんだかんだで、ピークは過ぎていて、今はそれなりに、息子との生活を楽しんでいますが、
    よくいう「社会から見放されたような気分」とか「育児以外何もしていない状況」というのは経験して、世のママ達が言う育児の辛さは身をもって体験できた気がします。アクティブに、生後2ヶ月だろうが何だろうが気にせず子供連れてママ友と出掛けているママと違って、ひきこもり系ママは塞ぎ込みがちになります。そりゃそうですよね、子供いなくても、他者とのかかわりを持たず家に籠っていたら、精神衛生上、良いわけがありません。
    つい、「まだ子供が小さいから~」を理由に出掛ける事をためらい、専業主婦だからとケチになり、理想のいい母親でいたいが為に朝から晩までベッタリ子供と接してしまう・・・私本人の性格による部分も大きいとは思いますが、悪循環を断ち切れず、どんどん「育児大変、育児大変」という念に押しつぶされて、軽く自身によるマインドコントロールに陥っている状態かもしれません(;´∀`)

    「グダグダ言ってないで、さっさ子供保育園に入れて、働きに出な!」
    もうそれに限るわっ!と、常に頭の片隅には、脱専業主婦!脱ワンオペ育児!があります(´-ω-`)
    週1くらいで考えてしまうくらい、大きなテーマですが、それでも私は専業ママを選んでいます。
    (以前も悩んで、求職中という形で、生後6ヶ月の頃に入園申し込みはしているんですが、撃沈。一応、現在、待機児童です。)
    高齢出産覚悟で2人目を望んでいるからというのが一番のところですが(あと、主人の希望もあって。)、「一人で乗り切ってみせらぁぁっ!」という気持ちがあって(笑)

    そして今日も、無駄に悩んで、ワンオペ育児です。
    主人は京都出張。
    お土産に頼んだ八つ橋を心待ちにして・・・( *´艸`)

    ※写真は、うちのベランダで育てているバジルです。

    コメント