ワンオペ育児の実情~育休をとらないという決断~

我が家は、出張多いサラリーマンパパと、専業主婦ママと、息子0歳から成ります。
両家実家遠方の為、ほぼほぼ私のワンオペ育児となっています。

以前、友人から、彼女のご主人が半年の育児休暇を取得したと聞きました。
「いい旦那さんだ~」「今の時代っぽいな~」「いい会社にお勤めなんだろうな~」と、瞬間的に単純にそう思いました。
家でテレビを見ていても、結構、ちょいちょいパパが育休中とかいう話が取り上げられていたので、今の時代ではその気になれば結構簡単な事かなーって。

私が以前勤めていた会社は、ちょっと特殊な業種だった為か既婚者はそれなりにいたにも関わらず、育休中の男性どころか、産休中の女性すらいなかったです。
社内規定に盛り込まれているのを見たことがあるので、制度としてはあるものの、実際取得している人はおらず、だいぶ「一般的な会社」ではない事は分かっていたのですが、主人については極普通の企業なので、男性だって育休取得できるんじゃないかな~と思っていました。
特に育休とって欲しいという希望があったわけではなかったのですが、出産後に主人に聞いてみた事があります。

私:「あなたの会社って、育休ってとれるの?」
夫:「とれなくないはずだよ、とってる人いないけど。」
私:「とるつもりある?」
夫:「なんで?」
私:「いや~単純に赤ちゃん時代ぐらい一緒に居られたらよくない?一生に1度の事だし。」
夫:「あー。そうねぇ。」
私:「育休とりたいならいいよ?収入はまぁ貯蓄でなんとかすればいいし。」
夫:「あー、でも出世できなくなるよ。」
私:「え?????関係なくない?当然の権利なんでしょ?」
夫:「会社によるんだろうけど。うちは、育休とったら終わるね。」

という事でした(;´∀`)
転勤を拒否したら出世コースから外れる、というのと同じように、育休とったらアウトらしいです。
明確にそう決められているわけではないようですが、暗黙の了解みたいです。
もちろん会社による、そこ次第なのでしょうけど、男性にとっての育休は将来の出世を左右する重大な事のようです。
世の育休取得イクメンパパ達も、「イクメン!イクメン!」ともてはやされている裏で、出世を諦める決断をしていたのでしょうか・・・

夫は、一度だけ「育休いいな~」と冗談でぼやいた事がありましたが、将来的な出世&収入を見通してか、育休を希望した事はありません。
最初から、希望出来ないと思っていたと思います。
私が現在も正社員であったら、違ったかもしれませんが。
結婚する際に、私に「仕事辞めて欲しい」と言った時から、もう決めていた事なのかもしれません。

権利として認められている一方、実際取得したら将来不利になる。
有休ですらそう。当然の権利なのに消化できず。こちらとしても、普段簡単に「有休とれば?」とは言えない状況です。
それこそ、本人が40度近くの熱でどうしても動けない、家族が病気で重症、訃報・・・そういった本当の緊急事態の時にしか取得できなさそうです。
私なんかは、正社員でありながら、月1くらいで「疲れたからマッサージにでもいくか~」「日頃の鬱憤を買い物で晴らそう~」なんて気軽に有休使っていたので、主人が置かれている状況・環境がピンとこないのですが、まだまだそういう休めない会社の方が多いんですかね(;´∀`)

今の私は主人に頼らざるを得ないので、主人判断を第一にしています。

主人は、育休どころか、息子が産まれたすぐ後に転職しました。
初めての転職。以前の会社よりも更に過酷な職場に。
私は、普段のワンオペ育児は納得した上でやっています。
育児だけでなく家事も私の分担なわけで、更に主人のサポートも私の役目・・・でも、実際のところは、育児だけで手いっぱいな状況でダメダメですが、家族の為に仕事を選んだ夫をこれからも応援したいと思います。

「夫が育児をしてくれない」世の主婦達の不満は理解でき、私も同じように不満に思う時があるのですが、主人の仕事の目的が「出世の為・年収アップの為=家族に楽をさせてやりたいが為」という事が分かるので、ググっとこらえて私は私がやるべき事をやるだけ、なのです。
嫁の身としては、一人でも息子の世話を完璧にこなすことはもちろんですが、ガムシャラな夫が、何も分からない息子に今後嫌われる事がないよう、時々思い出に残るようなイベントのお膳立てをしてやる事かな~と思います。無理矢理にでも息子にピンポイントで、父親との思い出を作ってやらないとなって思っています(*´▽`*)
今のままだと、「構ってくれない父親」像が、息子に定着してしまいそうなので・・・
まぁ息子も大人になれば分かってくれるものとは思いますがね。

コメント