ワンコと育児~「赤ちゃんがやってきたぞ!?」ワンコの反応。赤ちゃんと犬の共存について。

我が家は、夫婦30代半ばの出張&残業多いサラリーマン夫&専業ママ(若干在宅アルバイター)私+1歳男児+2歳ワンコ♀の3人1ワンの東京核家族です。
ワンコは、ダックス(小型室内犬)なのですが、結婚してすぐに迎え入れました(*´▽`*)
主人は小さい頃から実家で捨て犬や捨て猫を飼っていて動物好き、私は未経験でしたが漠然と結婚したら家族+犬と生活したいとずっと思っていたので、自然とお迎えする流れになりました。

赤ちゃんと犬

赤ちゃんと犬

3ヶ月の頃に譲ってもらってもらったのですが、お迎えしてからの半年は大変でした(;´∀`)
まずは、トイレトレーニング。「犬との快適な生活は、トイレが完璧かどうかで決まる」と言っても過言ではないと思います。
物覚えがいい半年までに完璧にトイレトレイに排泄できるようにしつけた方がいいと聞いていたので、それはもうワンコも私も頑張りました。
お迎え直後、むやみに放し飼いすると、トイレ以外で排泄をしてしまい、その付いた臭いの場所でまた排泄してしまう・・・という悪循環に陥るので、最初はケージ飼いが推奨されているのですが、今思うと後悔なのですが・・・うちは、お迎えハイですぐにリビングに放してしまいました(´-∀-`;)
当然、部屋のあちこちでオシッコをするようになってしまって。
トイレットペーパーと消臭洗剤が手放せない日々がしばらく続きました(;´∀`)

でも、根気よくトイレトレイに誘導する事、数ヶ月!
途中、段ボールでサークル作って、その中にペットシーツを敷いて、その中でトレーニングしてた時期もあってか、なんとか、自力でワンコはトイレトイレでオシッコしてくれるように・・・(*^▽^*)
トイレトレイ以外の場所での失敗が少なくなってからは、ワンコと一緒に寝るようにもなりました。
もちろん、ベッドでも2~3回オシッコされた事がありましたが・・・でもそれもなくなり、ワンコとますますべったりな生活になりました。
オシッコ問題も解決、お散歩も上手、他のワンコや人に対しても吠えない懐っこい、穏やかな子に育ってくれました(*´ω`*)

ワンコも人間と似ていて、しつけはもちろんの事、予防接種等の通院、餌や生活用品やらの備品の補充、色々とお世話がありました。
義務である年1の狂犬病注射以外にも、ワクチンの摂取があります。生後3ヶ月は月1での予防接種があり通院していましたし、
フィラリアという蚊予防の為に、毎年に8ヶ月間も投薬しないといけません。
もちろん、生き物ですから、時々、下痢をしたり、吐いたりと行った体調不良もありますから(仔犬時代は特に・・・)、その度に通院が必要でした。
専業主婦でずっと家にいたので、付きっきりでお世話する日々でした。
沢山一緒に遊んで、毎日お散歩に出掛け、毎日ちょっとずつオテ・マテ・フセ等を習得させたり。
どこに行くにも一緒で、それまで遊びに行っていた場所にはほぼ行かなくなり、休日はワンコを連れていける大きな公園などによく行くようになりました。

赤ちゃんと犬

赤ちゃんと犬

赤ちゃんと犬

赤ちゃんと犬

息子が産まれたのは、ワンコがウチの子になってから1年半後です。
私は里帰り出産だったのですが、もちろん一緒に連れて帰っていました。
切迫早産で入院していた時期もあるのですが、ワンコは実家の家族にお世話してもらっていて、それ程ストレスもなかったものと思います。

そして、産後。
よく「犬は嫉妬する」と聞いていたので、正直、退院後の反応が心配でした。
息子に敵意を向けられたらどうしようかと・・・。
でも、うちの子の場合、全くといっていいほど、それはなかったです!
産後、しばらくは部屋をフェンスで仕切って、ワンコが息子と触れ合う事が出来ない状態を作っていたのですが、ワンコは興味津々でフェンスの前でこちらを覗いてました。威嚇する事もなく、ただただ、「なんかちっこいのがいるーなんかいるー」といった感じで。よくフェンス前で寝転んでいました。
その後ですが、こんな感じです。

  • ≪新生児期≫

完全別室。
部屋の入り口にフェンスを設置。
お互い見えるけど、接することはできない状態に。
息子を抱っこして、ワンコの間近で挨拶だけしました。
私自身は、むぎを構った後に手洗いだけはしましたが、ワンコを抱いた後に服を着替えるとかそこまではしてませんでした。
同じ家で過ごすようになってまず犬アレルギーを心配していましたが、
1ヶ月経って、何も湿疹等も出ない子だったので「犬アレルギー」はなさそうだな~と、一安心。
アレルギー検査等は行っていませんが…自己判断。
接触はなし。

  • ≪生後3ヶ月≫

息子抱っこで一緒にお散歩開始。
時々、ソファなどで触れ合わせるように。

  • ≪生後5ヶ月≫

ほぼ同室で過ごすようになりました。
目を離さない、特に口を舐めさせない!を徹底。
調べたところ、口を舐められる事からパスツレラ症(感染すると気管支炎などを発症、突然倒れて死亡する例も。)になる可能性もあるそうです。また、消化管寄生虫をもっていた場合、遷る可能性もあり。抵抗力の弱い、赤ちゃんやお年寄りは要注意との事。
息子はあまりワンコに関心ナシ。

  • ≪生後6ヶ月≫

気づけば、お昼寝している息子の傍らでワンコも寝るように。

  • ≪生後8ヶ月≫

時々、息子がワンコに手を伸ばしたり、じゃれ合うようになりました。
ワンコに興味を持ち始めて、凝視してニコーっと笑ったり、目で追ったり。

  • ≪生後10ヶ月≫

ハイハイが始まってから、大興奮でキャッキャ言いながらワンコを追いかけるように・・・
時々、ワンコは毛や尻尾を掴まれて迷惑そうにしてました(;´∀`)
でも怒る事はなかったです。

赤ちゃんと犬

赤ちゃんと犬

赤ちゃんと犬

赤ちゃんと犬

赤ちゃんと犬

赤ちゃんと犬

現在は、本当に馴染んでいます。
息子におやつを与えると、必ずワンコもやってくるので、それだけ要注意です!
息子も、ワンコにあげようとするんですよね・・・お裾分けなんて優しいな~とも思いますが、ワンコが齧ったお菓子を食べちゃったら大変!
すかさずワンコにも犬用のおやつを与えます(;´∀`)
食事の時も、ローハイチェアの下でワンコは待機。
おこぼれを楽しみにしています(笑)
お風呂前が一番のふれあいタイムですかね~。
服を脱がせると、ワンコは息子のオムツあたりをクンクンして、息子もそれを喜んでキャッキャ言いながら追い回し、ワンコも負けずにピョンピョン・・・大騒ぎです(;´Д`)
お風呂の時も、ワンコはついてきて、私がベビーバスに息子を入れていると、ずっと横で様子を見ています(笑)

うちのワンコは雌なのですが、「やっぱり母性本能ってあるんだろうな~」と思う事が度々あります。
時々じゃれて遊びたがる時もありますが、本当に優しくて、息子の事をよく見ています。
でも、干渉しないと言いますか、別にずっと息子の近くにいるわけでもなく、日中はワンコは自分の好きなように好きなところで寝たりしているので、程よい距離感が保ててるかと思います。
うちの子は嫉妬しない・・・と言えども、以前はすっと私にべったりだったワンコなので、必ずワンコと1対1の時間も作るようにしています。
ちょっとした合間合間に頭を撫でてやったり、息子が寝た後にワシャワシャタイムという事で甘えさせます。
ワンコも「あたちよりも大事な子が来ちゃった」と思ってるみたいで、遠慮がちなんですよね・・・。でもそれがストレスになると大変なので、スキンシップ大事にしています!
私自身も、育児の合間に、ワンコをモフモフしてると癒されます。
というか、本当、慣れない育児、寝不足で疲れていた時期も、夜中や朝方にも関わらずワンコは必ずそっと私に寄り添ってくれて・・・心の支えだった気がします。

現在困っているのは、ウンチと毛!
息子に付きっきりになっていると、ワンコはこっそりウンチします・・・
食糞の癖があるので、私は慌ててトイレットペーパーを手にして、片付けに行きます(;´∀`)
息子の着替えの時、オムツ替えてる時、そんな取り込み中の時に限って、ウンチするんですよね(´-∀-`;)
それと、毛。
時期的なものもあるのでしょうけど、猛烈に毛が抜けるので、部屋中アッと今に毛だらけになります・・・
毎朝同じ時間に1回ルンバに掃除してもらっていますが、それでもすぐに毛が気になるようになるので、毎日掃除機かける事は欠かせません。
赤ちゃんがいると、やっぱり衛生面が心配です。
何気なく見た時、息子の手に沢山ワンコの毛が握られてるを発見してしまった時はゾッとします(-_-;)

生後すぐからワンコとの生活を始めたせいか、息子1歳になるまで風邪は1回しかひきませんでした。
それも10ヶ月頃です。それまでは全くなかったです。
よく、生後半年に1回、そのあと1回、動物園に連れて行くと免疫が出来るといって、ママさん達がこぞって動物園に赤ちゃんを連れて行っていますが、うちは特に動物園へは行きませんでしたが、元気でした。
これは、ワンコ効果だろうな・・・と思っています!!!

赤ちゃんと犬

赤ちゃんと犬

ワンコ2歳、息子1歳。
一緒に育って、いずれ、息子がワンコのお散歩に行くようになる日がくる事を楽しみにしています。
でも想像を続けてしまうと、息子15歳、ワンコ16歳・・・
小型犬の寿命は15歳と言われています。
息子の成長の先に、ワンコとの別れが必ずあるのが、悲しいです。
子供の情操教育にワンコはいいとよく聞きますが、悲しい思いをさせてしまうのは必至。良いのか悪いのか。
あ・・・悲しくなってきた(´;ω;`)ウッ…
毎日将来の事は楽しみですが、ワンコの事を考えると時々泣きそうになります。
せめて息子が大人になるまで一緒にいてくれたらいいのに・・・そう思うのですが、叶わない事なので、泣けます。

息子の事は大事ですが、そのうち自分のコミュニティーをつくり、人生の目標を作り、いずれ親元を離れます。
放っておいても子供は育ちます。
子供にとって親は、生活の中では一過性の存在かと思います。
でもワンコにとっては、飼い主は生涯のすべてです。彼女には私しかいません。
どんな時でも、ワンコへの愛情は注ぎ続けていくつもりです。

今までに撮った息子の写真を見ていると、高確率でワンコが写り込んでいて笑えます(笑)
ワンコのいる生活、大変ですがとても幸せです。プライスレス!!(*´▽`*)

コメント