専業主婦(専業ママ)or兼業主婦(ワーママ)?ようやく折合いがついた!家にいる事を選んだ私の結論。

私は30歳過ぎて結婚。引っ越しと妊活の為に退職、そして専業主婦に。
そのまま妊娠出産を迎え、現在1歳の男児を持つ専業ママです(*´▽`*)
そんな無職ママの悩みの話です。

産後、2~3日に一度必ず頭をよぎるのが「やっぱり早く再就職するべきなのかな・・・」という事でした。
本当に、ちょっとした瞬間に、「このまま育児に専念していてもいいのかな・・・」という疑問が湧いたかと思えば、「四六時中、息子と一緒で幸せだ~」とぬくぬくしちゃったりの繰り返しで、精神的に落ち着かない時期もありました(;´∀`)
でも、息子が1歳を迎えて、心境の変化がありました。

生後6ヶ月の頃に、求職中という事で保育園の入園申し込みをしたものの、
激戦区の為か半年経過しても「入園可能」の通知を頂けないままでいるので、諦めがついたというのもありますが。

スポンサーリンク

再就職しなければ!と焦った理由

そもそも、何故、再就職しなければ!と私が焦っていたかと言うと・・・
元々一生専業主婦のつもりはなかったので、当然の事ながら、そのうち再就職するのであれば、ブランクをこれ以上伸ばしたらマイナスでしかないと思ったからです。
結婚後、体調が悪かったので、無理に働きながら妊活しても時間がかかりそうという事もあって(晩婚だった為)、主人の勧めでそれまで正社員で勤めていた会社を退職しました。
それから通院をし始め、妊娠するまでに約10ヶ月かかりました。
妊活・妊娠・産後の現在までと数えてみると、約30ヶ月間働いていない私です。
なんと3年近くも無職なのです!!
産後3ヶ月を過ぎた頃(無職2年目突入後)から、1日でも早く就職活動をしないと、本当にどこにも雇ってもらない!と焦っていました・・・( ̄▽ ̄;)

専業主婦世帯の割合

2016年のデータになりますが、専業主婦世帯はなんと26.4%!
もはや、若い子育て世代は、半分以上が共働きなんですよね・・・
このようなデータを見て、ますます、自分は時代に逆行している・・・と、社会から取り残されたような気分になります。
私達の世代は、年金がちゃんともらえるかどうか怪しいと言われていますから(役所の人に世間話の延長で半分冗談で聞いてみたら、「もらえないという事はないと思いますけど」って言ってましたがね。)、老後を考えても、自ら苦難の未来を選択している気がしてなりません。

ちなみに、「共働きの定義」って曖昧なんですね。
妻も働いていれば共働きっぽいですが、いくら被雇用者といっても夫の扶養に入って妻が働いているのは共働きにならないイメージです。自立した夫婦同士が働いているわけではないから。私の言う「共働き」「兼業主婦」は扶養範囲内パート勤務ではないと見なしてください。

親世代の子育て事情

感覚ですが、自分の親世代は圧倒的に専業主婦世帯が多かったと思います。
友達のママはほぼ専業主婦だった気が・・・。私が田舎育ちだからですかね、はたまた私が30代のオバチャン世代だからですかね、今の子育て世代家庭と大分違う印象です。
私の実家は、最初共働き、途中から、専業主婦世帯でした。私達兄弟を妊娠出産時は、会社員をしていて、産後もすぐに復帰したそうです。最後に生まれた弟が病気がちだった為、産後復職できずその後はパート程度、そして専業主婦に。(40歳ちょうどで難病を患ったという事もあり。)
夫の実家は、専業主婦世帯でしたが、夫が5歳頃から保育園に預けて義母(有資格者)は定年まで正社員勤務だったそうです。
2人とも、専業主婦も兼業主婦も経験済みという事になります。とりあえず、今は、私が専業主婦(専業ママ)をしている事に反対はしていません。
実母からは、0歳のうちから保育園に預けて働くかもしれない云々をポロっと口にした時、やっぱり「可哀想に。」とは言われました(;´∀`)
義母から特に意見はされた事ありませんが、「いずれは〇〇さんだって社会で活躍しないと~」とチラっと言われた事が心に残っています。

私が専業主婦になった方がいいと思う理由

働きたくないわけではないのですが(実際在宅仕事はしてるわけで・・・)、家に居たいと思う理由を並べてみるとこんな感じです。実は自分の「子供独占欲」を満たすだけで、親子共にメリットは少ない事に気づきます・・・そりゃそうだ(;´∀`)子供にとっても「ママとずっと一緒にいる事が一番幸せ」と思いたいところです・・・

  • 子供の側に24時間いてあげられる。
  • 『三つ子の魂百まで』は古いと言っても、個人的には人格形成期に違いないと思う。
  • 子供の「初めての瞬間」を見る事ができる。
  • 早くから習い事をさせる事ができる。
  • いつでも祖父母宅での長期滞在ができる。(両実家遠望の為、特に。)
  • 躾をたっぷり時間かけて行う事ができる。

うちは、これらに付け加え、「出張族の旦那のサポート」があるので、私が外働きしたら色々無理ってのも大きいのですがね・・・

私がすぐに社会復帰した方がいいと思う理由

育児優先したい気持ちは一旦置いておいて、逆に、すぐに働きに出るべきだと思う理由を並べてみるとこんな感じです。自分の都合を優先できます。

  • 激戦区の為、そもそも0歳からでないと保育園に入れない。
  • 子供にとって、早いうちからの集団生活も大事な気がする。
  • 定年まで働ける企業に籍を置きたい。=退職金&企業年金が欲しい。
  • ブランクを長く作らず、キャリアを積みたい。=将来的にも有意義な仕事がしたい。
  • 子供に、ママも社会的地位がある1人の人間だという事を、働く背中で見せたい。
  • 経済的な余裕が欲しい。子供への充分な教育費を確保したい。
  • 将来に不安を持ちたくない。

ネットで色々経験談を見た結果

専業主婦を続けていると色々不安なので、つい、ネットで同じような立場のママはいないかと検索しがちです。
現在、将に悩んでいる現役ママ、兼業主婦に転向した現役ママ、子育てを終えた50代以上のマダム・・・
ネットの掲示板なので、本当かどうかはさて置き、心に残った記事がいくつかあります。(抜粋はマズそうなので、要約します。)

  • どっちが良い悪いではなく「価値観の違い」なだけ。自分で好きに選択すればいいだけ。
  • 夫の稼ぎだけでも贅沢さえしなけば子供は育てられる。母親が働きに出たい理由は「自分で自由に出来るお金が欲しい、子供を預けたい、生活水準を下げたくない」が多い。子育てを最優先にしたい人は、贅沢しないで子育てに専念すればいい。
  • 将来が不安なら、子供を預けて働けばいいだけ。
  • この腕の中にいてくれるのは10歳まで。子育ては人生の中でみれば本当に一瞬。でも、かけがえのない宝物。子育てに専念して本当に良かった。

私の結論

私の価値観で優先順位をつけるならば・・・と、改めて、経済事情や社会情勢等々は置いておいて、
純粋に何がしたいか考えてみたら、やっぱり、子育てなのかな、と思えました。
外に働きに出て得る事が出来る数千万と、息子の幼児時代の貴重な時間を天秤にかけても、息子をとる!と思えたのです。
もちろん、もし私が、シングルマザーだったらそういうわけにはいきません、夫の収入でなんとか生きていける事、これが前提になりますが。
そして、もし私が、医療関係者・教育関係者等々、社会貢献ができる立派な職業に就いている人間であれば、違ったかもしれません。
でも私なんて、以前の仕事は大雑把に言うと事務職でしたし、業種もエンタメ系で、世の人々に「ありがとう」と感謝されるようなものではなかったので、自分にとっては、情けないですが誇りを持てる仕事ではなかったというのが大きいかと思います。
大した事のない仕事と、カワイイ盛りの幼い息子のお世話を、これまた天秤にかけると、有意義な時間の使い方としては後者しか選べないのです。
主人も私の希望を受け入れてくれ、また、主人自身が小さいうちは息子の側にいて欲しい、幼稚園に上がったらパート程度でいいと主人自身の希望を出してくれて、かつ、産後すぐに収入アップの為の転職をしてくれました。(それでも高給取りには程遠いですが・・・)
主人の意向、そしてその行動が、専業主婦で行こう!という決定打となりました。

※独身時代、ずっとかなりハードな仕事していたので、働きながら育児というのが絶対無理無理~と絶望的に思えてしまうせいもあるかもしれません。慢性的な寝不足生活(長年不眠症)&低血圧で朝からボロボロ、深夜に帰宅するもビール飲みながらグダグダ1日の反省したり持ち帰り仕事したり・・・仕事が好きだったことだけが救いでしたが体力的にいっぱいいっぱいでした。私が効率よく仕事出来るタイプだったり、ONOFF切り替えられるタイプだったら、もしくは定時であがれるような超ホワイト企業やお役所関係だったら・・・もっと前向きに仕事と育児の両立もイメージ出来たのかもとは思います。ワーママさん達どうやって仕事育児両立してるのか未だに想像つかないです(´;ω;`)不器用な自分に自己嫌悪。

まとめ

妊活・妊娠中も焦ってましたし、産後もずっと悩んでいましたし、本当に結論が出ないままモ常にヤモヤしていた2年半でした。
でも、腹をくくった今は、結構スッキリして育児に専念出来ています。
今も専業主婦である事に引け目を感じる事がないかというと嘘になりますが、別に「今そんなに楽してたら将来しっぺ返しがくる!」「いいご身分ね!」とか他人に思われてもいいです。
覚悟を決めたので。
「贅沢なんていいから慎ましく、育児最優先で、家族仲良く暮らしたいので。」それが答えになるかな~と思います。
でも子供にしわ寄せがいくのは本末転倒な気がするので、子供の為に頑張って働いているママさんと同じように、その半分にもならないかもしれませんが子供に色々我慢させない為の資金作りは、私ももちろんするつもりです。(子供云々以前に、主人がいつか倒れたらどうするんじゃ!という不安もありますし。)
育児後の再就職活動は困難を極めるでしょうし、例え入社できたとしても、キャリアの再形成に苦労する期間が必ずやってくる事でしょう・・・それも覚悟の上です。

大卒の正社員だったのに、結局は無職。
私の人生って一体・・・と思っていたところ、以上の通り、私専業ママでいくわ!でスッキリできたので、その記念の記事でした(*´ω`*)

余談ですが、あー・・・結論でたので、入園希望申し込みを取り下げに行ってこないとなぁ~・・・と思っているところです。
「空きがあれば入れて働きたいので、とりあえず申し込みます・・・」となんとなく役所に行った半年前のあの日。
でも今度は「子供を幼稚園に入れるまで無職でいる事に決めましたんで。」ってハッキリ言えそうです(*´▽`*)

当時、保育園に空きがあってすぐ入れる状況だったら、息子に愛着が湧く前に、焦って流されるまま流されて今会社員やってかもしれません。
例の「一億総活躍社会じゃねーの、私活躍できねーじゃねーか」ってやつ、本当、保育園待機児童問題が解決したら、産休中のママはもちろん退職せずに復職できるでしょうし、退職済みママだって好きなタイミングで社会復帰する人も増えるかと思いますし、社会の為になるのかもしれませんね・・・。
人生、何事もタイミング、めぐり合わせなんだな~って改めて思わされました。
保育園or幼稚園に入れるまでは一緒に居たい!っていう、『三つ子の魂百まで』を信じて3~4歳まで一緒にいる事を希望してしまうと、多くの人は一旦退職するしかないんですよね・・・(2人目、3人目と妊娠出産が続くと更にブランクが伸びますし。)当たり前の事ながら、そんな仕事も育児も両方!なんて贅沢は許されないわけですな・・・。
仕事を優先したママは、もしかしたら、初めてパチパチした瞬間、たっちした瞬間、見れないのかもしれません。でも将来経済的な安定が約束されます。
育児を優先したママは、子供の成長をすべて見守る事ができます。でも、仕事のキャリアは諦める事になり、将来まともな仕事に就けず貧困に陥る可能性があります。
私は後者なわけで、再就職するなら壮絶な就職活動になると思います。世の中そんなに甘くないとは思いますが、でも貪欲にまたいずれ好きな仕事に就けたらいいな~と思います。
それにしても、専業主婦世帯は26.4%って・・・改めて考えてみると、うちは少数派なんですね(;・∀・)
漠然と40%以上はまだまだ専業主婦がいる家庭なんだと思っていました。
主人の部署、事務アシスタント以外全員男性なんだそうですが、既婚者は全員、奥様は専業主婦なんだそうです・・・世の中どうなってるんですかね(;´∀`)

さて、一件落着したところではあるものの、幼稚園or保育園に上がる頃、フルタイム勤務にして完全に仕事優先モードに切り替えるか、子供が帰る頃には帰宅していられるようパート勤務にするか・・・またそれはそれで検討する必要は別途あるのですがね。
結局、子供がいくつになっても「鍵っ子はかわいそう、淋しい思いはさせたくない」「共働きだと子供がグレる」とか言ってるといつまでたっても社会復帰なんかできないですね・・・( ̄▽ ̄;)漠然と、私なんかはいくら息子が可愛いと思っても、中高生は鍵っ子でいい気もしてますが、なんとなく。
また2年後悩みそうです(笑)