手作りベビーシンバル!「♪シンバルシャーン」に合わせて叩く。

「いないないばぁ!」を見ている赤ちゃんは、1歳過ぎると「わ~お!」を真似して踊るようになる子が多いかと思います。

例外なくうちの息子もそうだったのですが、最近は、時々放送している「♪シンバルシャーン」という歌にハマっていて大喜びで真似しています。

テレビのワンワンとユキちゃんに合わせて、シンバルを叩く真似をする息子が可愛くて可愛くて、シンバルを持たせたくなりました!

スポンサーリンク

ベビー用シンバルを探す。

Amazonなどで探してみると、子供向けのシンバルは沢山ありますが(幼稚園や小学校の合奏で使うものかな)、ベビー用はありませんでした。楽器は大抵ベビー用のおもちゃも作られているものと思っていましたが、意外や意外。

金属音が赤ちゃんの耳にはキツイからですからね。また、重ね合わせて音を出すという単純すぎる楽器故、面白みに欠けるんですかね。(お手軽さで言うとカスタネットに負けますし。)

ちょっとしたプラスチックのおもちゃがあればいいなーと思っていましたが、既製品は諦めました。

ベビーシンバルを手作り!

シンバル特有の金属音は必須としておらず、ただただ、真似をするのに使えれば…と、シンバルのようなものを自作する事にしました。

私が用意したのは、紙皿、平ゴム、この2点だけです。

紙皿は平のお皿が良かったのですが、あいにく家に1枚しかなかったので、深皿タイプのもので代用しました。結果的に、この深皿の方が平皿より一回り小さく、息子の手にはちょうどよかったですし、深さがあるせいか、併せるとポコポコと音も鳴るので良かったかもしれません。

ペラペラの紙皿よりも厚みがあるものの方が耐久性あっていいかと思います。ものによっては2枚重ねで作った方がいいかもしれません。

①紙皿の底に2ヶ所穴をあける。

手を通す用のゴムを取り付ける穴を、紙皿の底に開けます。はさみやカッターでブスっと7mmくらいの穴を開けるだけです。

②平ゴムを通す。

開けた2ヶ所の穴に、平ゴムを通します。平ゴムは1本15~18cm程度で十分かと思います。紙皿の底で、平ゴムの端を玉結びすれば完成です。

たったこれだけで、なんちゃってベビーシンバルの完成です!

息子は、「♪シンバルシャーン」の歌が始まると、「つけて~つけて~」とでも言うようにこのベビーシンバルを持ってきます。手にはめてやると、大喜びで、テレビに合わせてシャンシャンと叩いてます。

ベビーシンバル

音も気にする必要ないですし、紙とゴムだけなので安全ですし、もちろん処分も楽チン、たった1曲の為ではありますが、これを使って息子は喜んでくれますし、十分かと思っています!ここ最近は、毎日、録画の歌に合わせて踊っています。

もし我が家と同じく、この「♪シンバルシャーン」のお歌が好きなお子さんを持たれるママさんは、是非作ってあげたらいかがでしょうか?