出産後の生活に必要なもの!出産入院後用に揃えるべきものを2児の母である私が厳選しました。

2回の出産を経験した私が出産入院後の生活で必要なものを厳選してみましたので、ご紹介します。比較的貧乏家計なので、必要最低限のものに絞りました。これからお産をされる方、参考にしていただけると嬉しいです。

出産入院から帰ってきてからの、新生児のお世話に必要だったものを挙げてみました。

必要度を5★で表しています。

スポンサーリンク

産後の生活用

出産入院から戻ってすぐに必要なものです。新生児期の1ヶ月間と考えてください。

出産準備

新生児用肌着×3~5着

5
毎日洗濯できるのであれば数枚で足りるかと思います。

新生児ロンパースorカバーオール×3~5着

5
毎日洗濯できるのであれば数枚で足りるかと思います。ちなみに、うちの真夏生まれの息子は、家に居る時は肌着+タオルケットで居たため、服は通院用の1着で済んでしまいました。

スリーパー

4
寝相の悪い子(手足を動かし始めて布団をはぐようになる3ヶ月頃前後から。)に着せる為のスリーパーですが、新生児から活躍します。寝る時というよりは、肌寒いかな~と心配な時のおくるみ代わりです。おくるみだと巻いたり型崩れしたりして面倒ですが、スリーパーなら抱っこしてても楽です。室内での防寒着として使えます!

オムツ&おしりふき

5
紙おむつだと楽です。新生児時代は短いので、新生児サイズは大量購入しない方がいいかもしれません。うちは新生児サイズは5袋(111枚×5)使いました。

ちなみに生後1ヶ月半の頃にSサイズのオムツに変えました。)

また、メーカーによっては、かぶれるなど、赤ちゃんのお肌との相性があるのでお気に入りが見つかるまで色々試してみる事になるかと思います。

ベビー布団

4
季節によりますが、特にベビー布団でなくて、大人用でもなんでもとにかく赤ちゃんようの寝床が確保できればいいかと思います。我が家は、布団付きの折り畳みベッドを購入して使いました。季節に合わせて、掛け布団はタオルケットにします。

ただし、赤ちゃんは窒息の恐れがあるので、敷布団は固めがいいと言われています。もし柔らかい布団しかない場合は、新調した方がいいです!

ファルスカ 「コンパクトベッド フィット L」を購入してみて。
ファルスカの「コンパクトベッド フィット L」を写真つきでご紹介します♪ ベビーベッドかクーハンか…赤ちゃんの寝床をどうするか悩んだ結果、購入しました。 産前、ベビーベッド購入に悩む… 妊娠中、ベビ...

授乳クッション

4
初産の時、授乳クッションの存在を産院で知りました。入院中、これを使って授乳するスタイルが確立してしまい、「私、これがないと、授乳できない!!」と気づいて、慌てて注文した思い出があります。授乳クッションがないと、自力で赤ちゃんを抱えておっぱいをあげる事になりますが、そんな当たり前の事が、実はすごく大変なんですよね。実際子供を産んでから知りました。本当、授乳クッションの存在は有難いです!

哺乳瓶

3
新生児は最大120mlしか飲まないので最初は少量の哺乳瓶がいいです。あと、冷ますのはガラスの方が早いので、最初はガラスがいいそうです。(飲む量が200ml近くになってくると重くなるので、2本目はプラスチックがオススメです。)

完全母乳の人は哺乳瓶の出番はないです。産後に、産院から粉ミルク足すように指示された時に購入するのでも遅くないかと思います。(出産入院中は産院の哺乳瓶を使用するので、自前のものは要らないはずです。)

※K2シロップというものを2ヶ月間、週1で飲ませる事になるので、哺乳瓶はあっても無駄にはならないと思います。(哺乳瓶に搾乳して、K2シロップを混ぜて飲ませる。)緊急時の事も考えると1本くらい持っててもいいんじゃないかなーと個人的には思います。

哺乳瓶洗浄液

3

哺乳瓶買うタイミングで良いかと思います。

実は私は洗浄液を買った事がないです。レンジでチンする事で殺菌できるタイプの容器を使っています。楽です!!

粉ミルク

私は第一子の時は母乳と粉ミルクの混合でした。産院での勧めもあって、雪印ビーンスタークの「すこやかM1」を飲ませていました。他の粉ミルクより若干高めですが、母乳研究、特に免疫研究に力をいれている企業です。産院によって使用しているミルクが違うので、助産師さんに聞いて同じものを買うのが安心かもしれませんね。

※通販だと割高かもしれません。

ベビーバス&ベビーソープ

4
沐浴に必要です。赤ちゃんは、シャンプーとボディーソープを分けて使う必要はありません。ベビーソープなら全身を洗えるので便利です。

ワンオペ育児の実情~1歳でもベビーバスが現役なのはウチだけ!?お風呂に入れられないヘタレママ。
息子まもなく1歳、大きな声では言えませんが、未だにベビーバス使っています(;´∀`) 沐浴は生後1ヶ月間で終わり、2ヶ月目からは親と一緒にお風呂に入るのが一般的なようですが、うちはすんなりとそのようにはいきませんでした。 里帰り出産...

ベビーパウダー&ベビークリーム

1
新生児は肌がかさついたりあせもになったりと肌トラブルは多いですが、あれこれ塗ると悪化する場合があります。自己判断せずに、病院で見てもらい、必要に応じた軟膏などのお薬を処方してもらって使う方がいいです。(私がお世話になった産科の先生も助産師さんも何もつけなくていいと言ってました。つけるかつけないかはママの好みで、らしいです。)

ガーゼハンカチ×5

4
普段飲みこぼしのミルクやよだれなど口を拭うのに使ったり、沐浴時に顔を拭いてやったりする手ぬぐいとしても使えます。沢山あると便利です。

体温計

4
ちょっと具合の悪そうな時などにささっと簡単に測れる体温計があると安心です。

赤ちゃん用体温計。予測式で感知、実測式で確定の二段構え。
誕生後、初めての発熱は、予防接種の夜でした。 それまでは風邪一つひかなかった息子だったので、初発熱の時はドキドキでした(;´∀`) 「出るよ出るよ~」と言われていたので、覚悟はしていたのですが、38度超えると「このまま上がり続けて40度...

温度計

4
赤ちゃんにとって最適な温度は、冬場は18~22度、夏場は24~27度なのだそうです。エアコンで設定はできますが、赤ちゃんの寝かせる場所によっては温度も変わってくるので、赤ちゃんの近くに置いておくといつも安心です。

ベビーハンガー

3
赤ちゃんの洋服は小さいです。小さいハンガーがあると綺麗に干せます。サイズ的に小学校に上がるまでは使えるので、沢山買っても勿体なくないと思います。

おしゃぶり

2
赤ちゃんといったらおしゃぶりのイメージですが、好んで吸う子もいれば苦手な子もいます。うちの息子の場合は嫌がったので、ほとんど使いませんでした。出っ歯になったり、癖になるともいいますし、特によく泣いて困るなどよほどのことがなければ、無理に使う必要はないようです。

綿棒

5
赤ちゃん用の細い綿棒が売っています。お風呂上りの耳掃除やお臍掃除など色々使えて便利です。便秘の場合、綿棒にベビーローション付けてお尻を刺激するよう産院で指導があります。

ベビーオイル

2
赤ちゃん用のオイルが売っています。便秘の時に綿棒につけて刺激するのに使います。乾燥肌など肌トラブルには、処方されたクリームを使った方がいいので、便秘の時以外は、ベビーオイル自体は出番ないです。

爪切り

5
赤ちゃん用のハサミタイプの爪切りが売っています。赤ちゃんは驚くほど爪が伸びるのが早く、5~7日置きにこまめに切ってあげる必要があります。伸びたままにしたり、ささくれを放置していると、赤ちゃんの顔に傷が出来てしまいます。出産までに用意しておいた方がいいかと思います。

赤ちゃんの爪は柔らかいので、大人用のではうまく代用できません。衛生的な問題もあるので是非買った方がいいです。

ミトン

1
防寒用ではなく、顔を掻いて傷を作らない為の手袋です。顔をひっかくかどうかはその子次第なので、様子見て酷ければ購入でいいかと思います。うちの息子は爪をこまめに切ってあげることで、なくても大丈夫でした。

赤ちゃんは手足で温度調整をするので、家の中ではあまりミトンや靴下はつけない方がいいそうです。

靴下×1~2足

3
赤ちゃんは体温調節の為に、室内では靴下を履かせない方がいいと産院で言われました。基本的に、お出掛けの時だけ靴下を履かせる感じです。

靴下は出産祝いの定番なので、最初からあまり買いこまず、様子見ながら買い足す方がいいかと思います。

3
吐き戻しやウンチ漏れで汚れものが出た時に、手洗いする為に使います。また、風邪などで沐浴が出来ない時に、清拭してあげる時にも使えます。清潔な桶を赤ちゃん専用という事で1つ用意しておくと何かと安心です。

赤ちゃん用桶(洗面器)~母に言われるまま買ってみた結果。
私は里帰り出産だったのですが、里帰り直後に母と出産準備の買い出しに行った時、何故か母に「桶、必要!」と、買い物籠に勝手にプーさんの小さい桶を突っ込まれました(;´Д`) (私はプーさん好き。) 出産準備品リストにも入れてなかったですし、...

オムツのゴミ箱

2
うんちしたオムツも臭いが漏れないゴミ箱だと安心です。専用の袋でパックするタイプのゴミ箱も沢山売ってますが、カートリッジが高いので、私は生ごみを捨てる用の臭いが漏れない蓋つきのゴミ箱を使っています!十分使えてます!新生児期は2~3日でいっぱいになります(汗)

授乳ケープ

2
お出掛けの時に持ってると安心です。いざという時の為に!

私はほとんど使いませんでしたが、想定外にも帰省の途中で泣かれてしまい、急遽コンビニの駐車場で止めて車内で授乳した事がありました。授乳ケープ持ってて良かったと思った瞬間でした!

カフェインレスコーヒー(紅茶)

3
妊娠中はもちろん、授乳期もカフェインは控えた方が良いです。私は出産終わった直後、気が抜けたのか、出産で頭がバカになったのか、産院の自販機でブラックコーヒーを購入して(元々ブラック派で、妊娠中ずっと我慢していた反動もあると思います、無意識でした…)グビっといってしまいました。もちろんその日の夜は息子夜泣きして大変でした…申し訳ない事しました。カフェインレスの飲み物を用意しましょう!

抱っこ紐

4
退院後すぐに必要になる事はないかと思いますが、1ヶ月検診後からなんだかんだで必要になるかと思います。あと、万が一の災害時の事も考え、早めに用意しておくべきと思います。新生児から使えるタイプもありますし、夜ぐずって寝てくれない時とかも活躍してくれます。2歳近くまで酷使するので、安物で妥協せずにいい物を買う事をお勧めします!!腰への負担、安定感などが全然違います!

メリー&おもちゃ

3
新生児期はまだ目がよく見えないようです。でも耳は聞こえているようなので、メリーなど音がでるものには反応があります。おもちゃは、急いであれこれ用意する事もなさそうです。うちの息子は2ヶ月過ぎてから、目が見えてきてメリー見て喜ぶようになりました。

スタイ(よだれかけ)

2
赤ちゃんと言えばよだれかけですが、驚く事に新生児期はよだれは意外と出ないです。オシャレ目的でつけさせているママの方が多いかも。でも母乳やミルクの吐き戻しはあるので、授乳の際につけるのはアリかと思います。(新生児はそれほど動かないのでガーゼハンカチやタオルでも済みます。)よだれは生後半年~1歳までがピーク?その頃に購入で十分間に合います。

50円スタイ!型紙不要!100均タオルで手作りスタイ(よだれかけ)。
100均タオルを使ったスタイ(よだれかけ)の作り方を写真つきでご紹介します!安く大量生産したいママにお勧めです♪ 1枚15分で出来ます。タオルスタイを大量生産しちゃいましょう♪ 出産準備で当然のように...

ベビーシート

3
新生児でも。車に乗せる際はベビーシート(チャイドルシート)は必須です!道路交通法で定められています。新生児だからといって免除されません。もし車で産院に迎えにきてもらう場合は、それまでに用意をして設置しておく必要があります。尚、タクシーの場合はベビーシート不要です。道路交通法でタクシーやバスなどの業者は免除されています。

最後に

妊娠中は出産の事で頭がいっぱいになるかと思いますが、出産前に産後必要なものを大方揃えておくと安心です。一度、シミュレーションしてみるといいと思います。

  • 退院の時は、赤ちゃんをどうやって連れて帰ってくるか?
  • 赤ちゃんの寝床はどこにするか?和式?ベビーベッド?
  • 沐浴はどういう流れでする?お湯からあげたら何処で体を拭く?服を着せる?
  • 授乳はどこでするか?夜間は布団の上で?昼間はソファで?
  • オムツ替えはどこでするか?オムツはどこに捨てる?

色々想像してみると、赤ちゃんを迎えるにあたって、意外なものが必要だとわかったり、部屋の家具の配置換えが必要な事に気づいたりもします。特に、里帰り出産の場合はこのシュミレーションが大事です。赤ちゃんを連れ帰ってから、一家総出でバタバタしないで済むように、事前にどこをどうしたいか、両親に相談して準備しておきたいですね。

これから出産の方の参考になりましたら幸いです。

出産頑張ってください!!!!!

コメント