出産準備を2日で終わらせる!入院バッグの中身を貧乏な2児の母が厳選しました。

2回の出産を経験した私が出産入院に必要なものを厳選してみましたので、ご紹介します。
比較的貧乏家計なので、必要最低限のものに絞りました。これからお産をされる方、入院バッグの準備の参考にしていただけると嬉しいです。

全てネットで揃えられます!便利な世の中ですね。amazonなどなら2日程度で揃えられるものが多いです♪(※お住まいの地域によります。)

通常、30週頃を過ぎてからの健診にて、入院についての案内があり、最低限必要なものは産院から指定があるものと思います。

必要度を5★で表しています。

スポンサーリンク

入院用バッグの中身

出産準備

 

産前・産後パジャマ×2着

5
産院が田舎だったせいか、Tシャツ&短パンでもOKと言われましたが。産後、前開きのパジャマは授乳するのに便利で、授乳期間はずっと着る事になります。

妊婦用ハーフトップ×2着

5
妊娠中はもちろん、産後、授乳はもちろん、助産師さんによるおっぱいマッサージもあったので必須でした。妊娠中、つわりが始まったタイミングで購入しちゃうといいと思います。

産褥ショーツ×2

5
産院で2枚用意してくださいと指定ありました。これは本当に出産入院中だけの着用なので、1週間程度の命ですね…

生理用品

5
産院で産褥パッドの支給がありましたが、交換し過ぎると入院4日目くらいに足りなくなります…。頻繁に交換したい人は持参すると安心です。個人差はありますが、退院後も続くので多めに用意しとおく必要があります。退院後1週間も夜用が必要なぐらいの量でした。大きすぎない夜用をこまめに変えるのがオススメです。

授乳パッド

4
母乳の出にもよりますが、授乳ペースが出来てくると普段から滲むほど出てくるようになります。寝ている間に、パジャマや下着がビショビショになる事も。洗って干して繰り返し使えるタイプもありますが、結構な頻度で必要になるので、特に新生児期は使い捨てのものが便利です。

フェイスタオル×3枚

5
産院から指定ありました。多めにあると安心でした。私は洗顔用に使いました。

フェイスタオルは産後、赤ちゃんの枕代わりにしたり、吐き戻しに使ったりと必要なので、柔らかいタオルを多めに新調しとくといいと思います!

バスタオル×3枚

5
産院から指定ありました。自分と赤ちゃんの入浴用、そして、赤ちゃんのシーツに使いました。

スリッパ

5
産院から指定ありました。紙スリッパなど産院で用意している場合もあるらしいので要確認です。産後、大部屋の場合、夜間に赤ちゃんをあやす為に廊下をウロウロしに行く場合があるので、パタパタ音が鳴らないタイプのスリッパをお勧めします!

腹巻(妊娠帯)

3
冷え性なので妊娠中&産後しばらくお世話になりました。妊娠中、お腹が出てきたら腹巻と妊娠帯が別になっているタイプのものを購入しちゃうといいと思います。妊娠初期は腹巻のみ使って、お腹が重くなってきたら腹巻の上から妊娠帯をつけて、産後は腹巻のみでまた使えます。

加圧靴下

3
私は出産2日目から、足が像のようにむくみました。看護師さんに言ったら、「そういう方、時々います。足を高くしててくださいね。加圧靴下ももしあれば…」なんて感じでした。浮腫み自体は、特に痛みさえなければ悪い事ではないようですが、気になる人はキツイ靴下を持って行った方がいいかもしれません。パンパンな状態が2~3日続きました。

コップ&ストロー

4
産院で指定ありました。陣痛中は、水分補給用のペットボトルの飲み物&ストローがあった方がいいです。

シャンプー&リンスー&ボディーソープ

5
自分の入浴用。自然分娩の場合は、産後翌日からシャワー可なので5~7日分必要。普通は、赤ちゃんの入浴関係は産院で全部用意してくれるので不要。

洗面用具

5
歯ブラシ、歯磨き粉、洗顔料、毛抜き、カミソリ、爪切りなど。赤ちゃんの爪はすぐ伸びるので、新生児用爪切りもあるといいです。産院によっては貸し出してくれないところもあるようです。

化粧品

1
手鏡、基礎化粧品、メイク用品。退院時はお世話になった看護師さんらに挨拶したり、お会計しに病院の窓口に寄る為、メイクはしたいところ。

※普段お化粧する人は、クレンジングオイルを入院バッグに入れておいた方がいいです!メイクしたまま陣痛始まって入院になった場合に必要!

ヘアゴム・髪留め

4
陣痛始まると髪の毛に構っていられません。ロングヘアの人はゴムやシュシュがあった方がいいです。(寝たり起きたりするのであまり飾りがないものがいいです。)前髪が気になる方はヘアピンも。

筆記用具

3
授乳記録したり、やたら書類を書く機会が多いので、ボールペン1本あった方がいいです。借りれない事もないかとは思いますが。

母子手帳

5
母子手帳の他、通院券・保険証など貴重品をまとめて母子手帳ケースに入れていました。

http://mamakko.com/2017/07/22/post-227/

育児日記

3
初日から開始したかったので持っていきました。

http://mamakko.com/2017/07/20/post-201/

ビニール袋

4
濡れ物・汚れ物入れたり、ゴミをまとめるのにあって良かったです。スーパーのレジ袋でOKです。

手提げバッグ

4
シャワーに行く時、産後の研修に移動する時に便利でした。

イヤホン

2
病室のテレビ見るのに必要でした。実際は、寝てるか授乳に行ってるかでそんなに見てる時間なかったように思います。

小銭

2
病院内の自販機利用するのに用意しておいて良かったです。色んな人が出入りする病院なので、お財布は持っていかない方が安全かもしれません。

時計

4
授乳時間把握するのに、机の上に置いてました。携帯よりは卓上時計の方がいいです。授乳時間はナースステーションから呼び出しもありましたが、私は自主的に目覚ましセットして授乳室に行っていました。

産後はちょっとバカになるので、アナログ時計の方が視覚的に、授乳時間の間隔を計る事ができるのでいいと思います。

ティッシュボックス

4
普通、病院のベッドには置いてないので、持参すると安心です。

デジカメ

4
あまり撮ってる余裕なかったですが、産まれてすぐの姿を綺麗に撮る事ができました。最初は嵩張って邪魔になるかと思っていましたが、私は一眼レフを持って行って良かったです。

携帯&充電器

5
入院中、物凄い電池の減りがはやかったです。

お菓子

1
おやつの支給はありましたが、体重に問題なければいくらでも自由に食べてよさそうでした。病院食で足りなさそうな人は、持って行った方がいいかもしれません。授乳しているとお腹が減ります!ただ、人によっては甘いものは乳腺がつまり、乳腺炎になりやすいので、初産の人は様子見ながら食べた方がいいかと思います。

桃の葉ローション

2
夏場の出産だったので、入院中、室内が暑くて胸にあせもが出来ました。持っていって良かったです。赤ちゃんにも使えます。

書類用ファイル

1
もらう書類がやたら多かったので、ちょとまとめて病室の机の上に置いておけるクリアファルが便利でした。

赤ちゃん用 下着&カバーオール

5
出産後すぐは、産院の産着を着せてもらうことになるかと思いますが、退院時には必要になりますので、帰り用の肌着とカバーオール(コンビドレス)を持参します。退院祝いという事でセレモニードレスなど晴れ着を着させる場合もありますが、私の経験では、お見送りは看護師さん数名だけでしたし、みなさん普通の格好で退院されていきました。我が家もそうでした。

セレモニードレスは、主に生後一ケ月のお宮参りで着用しますが、他に出番がないので(冠婚葬祭などない限りは…)、退院の時も着せてもいいんじゃないかと思います!

自分用 私服

5
退院時に着る服です。私は荷物は増やしたくなかったので、入院する時に、洗いたての服を着ていきました。(病院についたらすぐ病院着に着替えますし。)

行きはお腹臨月MAX、帰りは妊娠5ヶ月くらいの小さなお腹になりますので、どちらでも着られる授乳ワンピのようなものだと良いかと思います。

おくるみ

3
退院時に赤ちゃんをくるむのに必要。うちの息子は真夏生まれ、また車移動だった事もあり、おくるみは要りませんでした。冬産まれだと防寒用に必要かもしれません。でも本当、新生児期のみ使用ですね…それを過ぎると防寒着を着せた方が楽なので、おくるみにいちいち包む事がなくなります。あとあと、バスタオルとして使えるおくるみだといいですね。

まとめ

産院によっては、アメニティーが充実していて、下着だけでOK!みたいなところもあるかもしれませんね。私は総合病院での出産だったので、基本的には持参しなくてはいけませんでした。入院バッグはパンパンでした(汗)

 

入院バッグの準備や、赤ちゃんを迎える準備はもちろんですが、いつ陣痛が始まってもいいように、臨月に入る頃から私がしていた事がいくつかあります。

  • 毎晩必ずお風呂に入り、ムダ毛処理をする。
  • 産院とタクシーの電話番号とを壁に貼り付ける。
  • 現金を多めに用意。
  • スマホの充電は常にMAXにしておく。
  • 出掛ける時は、母子手帳&バスタオル1枚持っていく。←破水用。
  • 冷蔵庫の中身を整理しておく。
  • 毎日洗濯して、洗濯物を溜めない。
  • 産後に自分が着る服を出しておく。
  • 子供の保険証・お薬手帳・診察券・医療証をわかりやすい場所に。
  • 子供の服の場所を夫or母に共有。

第二子の出産の時は、母(里帰り中だったので)への上の子のお世話の仕方の共有が必要でした。服の場所、保険証の場所、食べ物の好き嫌い、それから「こういう場合は、こうする」という事を思いつく限り、伝えました。心配で仕方がなかったです。

それがなかった第一子出産の時は、気楽なもんだなったなーと今は思います。ちょっとした旅行前の気分でした。

出産準備はうきうきですよね。どなたかの参考になったら嬉しいです。

これから出産の方は頑張ってください!!!!

スポンサーリンク
出産準備・里帰り出産
スポンサーリンク
シェアする
mamakkoをフォローする

↓よろしかったらポチっと応援お願いします♪
にほんブログ村 子育てブログへ 

ワンオペ育児〜ひきこもりママの日常〜

コメント